« レストランなら席次がわかりにくいいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページお色直しについて »

披露宴

一般的な披露宴の流れは以下のようになります。(披露宴は、挙式と違って「こうでなければならない」という決まりはありません)

1.出席者の出迎え  
新郎新婦の双方の両親、媒酌人夫婦が会場入り口の金屏風の前で出席者を迎えます。出席者が全員、入場したことを確認してから、両親が入場します。
新郎新婦、媒酌人夫婦は会場の前で待機したまま、いったん、扉は閉められます。

2.新郎新婦の入場  
会場内の人々が、全員着席したころを見計らって新郎新婦、媒酌人夫婦が一礼してから入場します。
入場の前に衣服が乱れていないかチェックを忘れないで下さい。出席者は、尾間時テーブルの人と挨拶を交わし、自己紹介をしましょう。
入場は、媒酌人、新郎、新婦、媒酌人夫人の順で行い、まっすぐメーンテーブルに向かいます。会場内の人は、拍手で迎えます。

3.開宴の辞
メーンテーブルについた新郎新婦と媒酌人夫婦は、一礼して着席します。
司会者は、拍手がなりやんだ頃を見計らって開宴の辞を述べます。

4.媒酌人の挨拶 
まず媒酌人が起立し、続いて新郎新婦が起立します。司会者による媒酌人の紹介が済むと、媒酌人夫婦が起立し、続いて新郎新婦が起立します。
司会者による媒酌人の紹介が済むと、媒酌人が挙式終了の報告や新郎新婦および両家の紹介などを交えてたあいさつを行います。 媒酌人のあいさつの時には、双方の両親も起立します。 挨拶が済むと、全員が出席者に向かって一礼し、着席します。

5.主賓祝辞  
新郎側、新婦側、双方の主賓が祝辞を述べます。
新郎新婦、媒酌人夫婦は起立して祝辞を受けるのが基本ですが、着席を進められてたら、目礼してから座ってこれを聞きます。
祝辞が済んでから起立して一礼します。

6.ウエディングケーキ入力  
披露宴前半のハイライトとも言えるウエディングケーキの入刀です。
これは、花嫁が手作りのケーキを持参し、切り分けて出席者にふるまうというヨー ロッパの風習から生まれました。
新婦が紅白のリボンで飾られたナイフを右手に持ち、その上に新郎が軽く手を添えます。

7.乾杯  
主賓、あるいは準主賓の音頭で新郎新婦の結婚を祝い、新生活を励ますための乾杯を行います。この時は、全員が起立し、グラスを目の高さまで上げ、グラスに口をつけます。
 
8.食事・歓談  
乾杯が済むと、料理に手をつけることができます。新郎新婦、媒酌人夫婦も遠慮せずに一緒にいただきます。
 
9.お色直し  
新婦が振袖などの和服姿に変える場合は、新郎が父親に伴われて再入場することもあります。
洋装になるときは、花嫁が先に席を立ち、しばらくしてから新郎が退席して、二人が着替え終わる時間差を少なくするケースがほとんどです。多くは、再入場の前に写真撮影があります。

10.出席者祝辞  
お色直しを終えた新郎新婦が席についたら、出席者からの祝辞があります。 新郎側、新婦側からそれぞれ二、三人ずつを立てるのが一般的です。
新郎新婦や媒酌人、双方の両親は立ち上がる必要はありませんが、座ったままで一礼します。祝辞が述べられた後、感謝の気持ちを込めて、再度、一礼をします。

11.祝電披露・余興  
祝辞が終わると司会者から当日、届いた祝電を読み上げます。 また余興もこの頃に行われます。
数人で歌を歌ったり、クイズやゲーム形式で新郎新婦のなれそめを紹介したり、披露宴の雰囲気を明るく盛り上げてくれます。勧められれば、新郎新婦を一緒に参加するのもいいでしょう。
二回目のお色直しは、この時に行われることが多いようです。

12.キャンドルサービス  
参加者の各テーブルに置かれたろうそくに新郎新婦が火をともして回ります。 出席者を直接、話したり交流を持つ機械の少ないこの形式の披露宴では、最も出席者との距離が近くなりますから、軽いあいさつなど交わすのもいいでしょう。

13.両親への花束贈呈
感動的なムードを盛り上げる最大のヤマ場といえるのが花束贈呈です。普通は新郎からは新婦の両親に贈るられます。「これからどうぞよろしくお願いします。」という気持ちを込めたものです。本来は、参加者の前で行うものではありませんが、近頃では、宴締めくくりとして一般的になっています。

14.謝辞  
披露宴の閉宴にあたって、両家から出席者への感謝の言葉を述べます。
新郎、または新郎の父親が代表して行うことが一般的ですが、最近では新郎新婦とと もに新婦がお礼を述べるケースも増えています。
代表者の挨拶が終わったら、一同で一礼します。

15.閉宴のあいさつ  
司会者が閉宴の辞を述べます。列席していただいたお礼の他に、新郎新婦のハネムーンや今後の予定などに一言、ふれてもいいでしょう。

16.出席者退場  
新郎新婦、媒酌人夫婦、双方の両親は、入場の場合と同様に金屏風の前に並んで、退場する出席者を見送ります。親族紹介は挙式前、両家控の間の仕切りが取りのぞかれ、ここで両家の親族紹介が行われます。

「 結婚関連結婚披露宴」内の記事一覧