« 司会を頼まれたらいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ受付係を頼まれたら »

ブライダルカメラマンを頼まれたら

ブライダルカメラマンは、二人にとって一生大切な記念になる日を記念に撮る人なので、大役だと言えるでしょう。後に新郎新婦をがっかりさせることのないよう、万全な準備で臨みますしょう。

カメラマンは新郎新婦と同様にかなりハードな一日となるので、進行を頭にきっちり入れ、決定的な瞬間を撮り逃さないようにしなければなりません。

挙式から撮るか、披露宴だけか、二次会も撮るのか、新郎新婦と事前の打ち合わせをしっかりと行いましょう。フィルムで渡すのか、アルバムに仕上げて渡すのかの確認もとっておきましょう。
新郎新婦だけではなく、両親、出席者の表情も撮る事も決して忘れないことです。
アルバムが楽しくなるように工夫しましょう。

挙式から撮影する場合は、式場に撮影可能か確認し、できる限り下見をしましょう。
ベストポジションでも入ってはいけない場所もあるので注意が必要です。しかし、あまり遠慮していると、最高の瞬間を撮りの逃すことになってしまいます。

会場が広く、全体を一人でカバーできない場合、自信が持てない場合は、分担して撮影してもよいでしょう。事前に必ず顔合わせをし、誰がどこのシーンを撮り、ポジションはどこにするかをきちんと確認します。

カメラマンも会場内を動き回ることになるので、ラフな格好は×。基本的には出席者と同様の服装となります。必要なものを一まとめにできる大きなバッグなどを用意して臨みましょう。

「 結婚関連披露宴スタッフの心得」内の記事一覧