« お七夜は生後7日目に命名書を飾り祝ういざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ誕生会は子供にプランをたてさせる »

お宮参りは30日前後に産土神(うぶすながみ)に詣でる

お宮参りは、出産後、初めて土地の産土神にお参りし、子供の誕生を報告し、氏子入りをする行事です。
出産祝いで妻の実家から贈られた産着に紐をつけ、赤ちゃんにかけます。この紐を赤ちゃんを抱いた人の肩から背中に回して結び、お宮参りの祝い着にし、夫側の祖母が赤ちゃんを抱いて近所の氏神様でお祓いを受けます。

お宮参りの日程は、一般的に、男の子は生後30日目、女の子は生後31日目に行います。(地方によっては、50日目や100日目に行うこともある)お祓いが済んだら、親戚に挨拶回りをしましょう。

お宮参りは、母子共に疲れないように、天気のいい日に行い、短時間で済ませましょう。帰宅後、自宅でお祝いの食事をすればよいでしょう。また、最近では着物ではなく、赤ちゃんはベビードレス、夫婦は外出着というケースが増えています。

「その他赤ちゃんのお祝いごと」内の記事一覧