« 祝儀の金額についていざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ披露宴進行表 »

お祝いを贈る

お祝いの品を贈りたい場合、披露宴招待の催促をしているように思われることをさけるためにも招待状が届いてから贈りましょう。挙式1週間前までに贈り、お祝いのメッセージを添えることも忘れずにいましょう。

結婚のお祝いに金包みを贈る場合は、表書きは「祝御結婚」「御祝」「寿」「御慶」「御歓」とし、祝儀袋は金銀の水引(結び切り)にのしをつけます。結婚のお祝いに贈り物をする場合は、表書きは「御祝」「寿」
「御結婚御祝」とし、紅白の重ね包みで贈ります。

祝儀袋は、基本が押さえてあれば手作りでもOKです。

「 結婚関連披露宴での各自の心得」内の記事一覧