« スピーチを頼まれたらいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ祝儀の金額について »

出席者の心得

結婚式の招待状が届いたら、できるだけ早く返事を出すのが礼儀です。もし、期限に遅れてしまったら、返事を出すと同時に、必ず電話連絡をしましょう。万一、指定の期限までに返事を決めかねるときは、電話などでそのことを伝え、わかった時点ですぐに出欠の返事を出しましょう。

先約があったり、法事や病気などで出席できない場合は、欠席の意志を伝えると同時に出席できない理由を簡単に書くべきでしょう。先方の「来ていただきたい」という気持ちに応えるためにも、祝電を打って気持ちを伝えたりしてあげたいものです。

出席者の装いは、男性の場合、昼夜を問わず準礼装のブラックスーツが一般的です。女性の場合は、昼間はアフタヌーンドレスやワンピース、スーツなどです。午後5時以降は、イブニングドレスやカクテルドレスなどにします。

※白一色の装いはやめましょう。また、黒を着るときは光る素材にしましょう。

「 結婚関連披露宴での各自の心得」内の記事一覧