« 里帰り出産の場合、妻の実家にお礼をするいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページお宮参りは30日前後に産土神(うぶすながみ)に詣でる »

お七夜は生後7日目に命名書を飾り祝う

誕生後、3日目を三つ目祝い、5日目を五夜目祝い、7日目をお七夜とし、無事な成長を祈ったのがしきたりです。なかでも、成長する見込みも立ち、命名式を兼ねたお七夜は重視されてきました。
命名は、お七夜まで親戚の中で長寿の人や、地域の長老に依頼して、名づけ親になってもらうことが普通で、当日は、命名書を三方にのせて神棚や床の間に飾り、双方の両親や近親者が集まり祝いの席を囲っていました。

現代では、お七夜は母子が退院する直後にあたり、この日までに名前を考えます。今では、両親が決めるのが一般的です。命名書に記入し、床の間やベッドの上などに飾り、双方の両親や兄弟姉妹を招きお祝いの席を持ちます。
両親が名前を決める現代でも、祖父母や親戚の長老に頼む場合もありますが、いくつかの候補を出してもらい、最終的には両親が決めます。

出生届は、生後14日以内に出産した場所である出生地、あるいは本籍地、届出人の住所地の市区町村役場に届けます。必要なものは、届書1通、母子手帳、印鑑です。

14日を過ぎても届を出すことができますが、正当な理由がない場合は、過料に処されることもあります。

「その他赤ちゃんのお祝いごと」内の記事一覧