« 媒酌人の心得いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ媒酌人の当日の行動 »

友人だけの披露宴と二次会では

親しい人たちだけでの披露宴や二次会などでスピーチを行う場合、本人たちや参列者とも親しい分、ついつい話がエスカレートしてしまい、本人たちにとっては触れてほしくない話しをしてしまう可能性があります。たとえ、サービス精神からでたものであっても、迷惑な話です。節度は守るべきでしょう。

マジックや楽器演奏などの余興を行いたい場合、しっかりと準備をしておきます。道具が必要な場合、できるだけ自分自身で用意しておきたいものですが、持参するのが難しい場合、会場側が用意ができるかどうか、相談をしてみましょう。

歌を歌う場合、当然のことながら選曲に注意しなければなりません。自分の好きな曲だからといって、悲しい内容の詞の歌は避け、これからの二人を応援するような歌にしましょう。

「 結婚関連披露宴での各自の心得」内の記事一覧