« 人前結婚なら手作り結婚証明書でもいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ友人だけの披露宴と二次会では »

媒酌人の心得

媒酌人は、花嫁花婿の結婚の立会人でもあり、夫婦となるふたりの人生の先輩でもあるので、模範になる存在として恥ずかしくないよう、服装から言葉づかい、動作に至るまで細心の注意を払って行動しなければなりません。

自分の都合はできるだけやりくりして、折にふれて新郎新婦の相談相手になるようにしましょう。また、、相談されたら、自分の経験からアドバイスしてあげるとよいでしょう。

媒酌人夫人は新婦の母親がわりであり、新婦を支える大事な役目があります。新婦が挙式場に移動したり、お色直しのときなどの移動の際は、新婦の傍にいて手助けをしましょう。慣れない衣装を身に付け、式の日の主役として、新婦はとても緊張しているものです。 気持ちがリラックスできるよう、言葉をかけてあげましょう。

「 結婚関連披露宴での各自の心得」内の記事一覧