« バージンロードの歩き方のコツいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ念珠の意味を知る »

仏前結婚式

仏前結婚式は、仏様やご先祖様に結婚の報告をするスタイルで、挙式は僧侶立会いのもとでお寺などで行います。念珠(数珠)の授与が式の中心となり新郎新婦の衣裳は神前式と同様で扇子の代わりに数珠を持ちます。

仏前結婚式の手順は以下のようなものです。
1、入堂
新郎は媒酌人に付き添われ、右側から入堂、新婦は媒酌夫人とともに左側から入堂する。

2、敬白文朗読
僧侶が二人の結婚を仏と先祖の霊に報告し、参列者は一同起立し聞く。

3、念珠(数珠)授与
僧侶が仏壇に供えてある念珠を新郎と新婦に授ける。新郎には白い房の念珠、新婦には赤い房の念珠が授けられ、両手で受け取り、左手の4本指にかける。

4、司婚の辞
僧侶が誓いを求め、二人がそれぞれに「誓います」と答える。

5、焼香
新郎新婦の順に焼香をする。

6、誓杯
神前結婚式での三三九度の杯と同じもの。ただし、神前式とは順序が逆になる。

7、祝杯
親族にも祝い酒がつがれ、一同起立し、一口飲む。

8、司婚者法話・合唱礼拝
僧侶が祝いの言葉を述べ、新郎新婦は起立し。参列者は着席して拝聴。その後、僧侶が仏前に向かって合唱礼拝をし、一同も起立して合唱。

9、退堂

「 結婚関連挙式のスタイル」内の記事一覧