« 玉串奉奠で行うニ拝・ニ拍手・一拝の意味いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページキリスト教式結婚式 »

記念写真

結婚式での、親族の集合写真は、式後か親族紹介の前後に撮影します。並び方は、カメラマンが指示を出してくれるので、それに従いましょう。被写体となるべき人たちがなかなか集まりませんが、限られた時間の中での撮影なので、速やかに行えるようにしましょう。写すべき親族の名簿リストを係りの人などに渡しておくとよいでしょう。

親族写真は一家族に1枚あれば十分なので、これを頭にいれ焼き増ししましょう。披露宴でのスナップ写真は、写っている人たちに焼き増しして渡してあげましょう。

新郎新婦の結婚写真は、衣装の着付が終わった直後か、挙式後に撮影されることが多いです。堅い表情よりも自然な笑顔を残すためにも、肩の力を抜き、あごを少し引き気味にするとよいでしょう。
また、満足する仕上げにしたい場合、あらかじめ他の日に撮影するのもいいですね。

「 結婚関連挙式のスタイル」内の記事一覧