« 三三九度の杯の意味いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ記念写真 »

玉串奉奠で行うニ拝・ニ拍手・一拝の意味

神前結婚式で行われる玉串奉奠でのニ拝・ニ拍手・一拝には意味があります。
最初に行うニ拝には、神に対する敬意を意味し、次に行われるニ拍手には、右手が神で、左手が人を表し、2階拍手することで神と人がつながることを表しています。最後の一拝は、神に感謝して送ることの意味が込められています。

「 結婚関連挙式のスタイル」内の記事一覧