« 家族・親族・親しい人の紹介いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ三三九度の杯の意味 »

神前結婚式

神式結婚式とは、三々九度の儀式が中心の伝統的な日本の結婚式で、神様の前で新郎・新婦が夫婦の誓いを交す儀式です。

神式結婚式の流れは以下のようになります。

1、入場
新郎・新婦式参列者に社務所玄関前に集合し、手水で手と口を清めて神殿に進む。神職と巫女の先導より神社拝殿に進み、着席。

2、修祓(しゅばつ)の儀
神職が新郎・新婦並びに参列者を祓い清める。(お祓いを受ける際には頭を下げる)

3、祝詞奏上(のりとそうじょう)
神職が神前にて祝詞を奏上。(祝詞奏上は頭を下げる)

4、三三九度誓盃の儀
新郎・新婦は、巫女より盃をとり誓いの盃を交わす。
 
5、誓詞【ちかいのことば】の御奉読
新郎・新婦は神前に進み、神職より誓詞を受け、神前にて御奉読をする。

7、指輪の交換
同じく神前にて神職より指輪を受け取り新婦、新郎の順で指輪をする。

8、神前神楽 浦安の舞
舞姫が神前にて舞を奉納する。

9、玉串奉奠(たまぐしほうてん)
玉串を神前の台の上に奉奠し、御拝礼をする。
新郎・新婦は同じく神前にて巫女より玉串を受け、台の上に玉串の榊の根本を神前に向けて供け、二人一緒に二礼二拍手一礼の作法にて拝礼をする。続いて媒酌人両夫妻又は両親の代表が同じく玉串奉奠をし、両家参列者は代表に合わせてその場に起立し、一緒に拝礼をする。

10、親族盃の儀【しんぞくかためのさかずき】
新郎新婦及び参列者全員で乾杯をする。
 
11、親族紹介
新郎側の参列者の上座の方より自己紹介の形で行う。

12、斎主挨拶・退場
斎主がお祝いの挨拶をし、神前に一拝し、一同も起立して一拝する。その後、新郎新婦、媒酌人、参列者が神前に一礼して退場。

「 結婚関連挙式のスタイル」内の記事一覧