« 挙式・披露宴の会場を決めるいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ出席者のリストアップと招待状 »

衣装決定と衣装合わせ

挙式の衣装の打ち合わせは、3ヶ月前には行いましょう。挙式スタイルに合わせた衣装を決め、お色直しにをするのなら、その衣装を考えます。キリスト教式の挙式を教会で行う場合、教会により、細かな決まりがあるので事前に確認をとっておく必要があります。

着替えのために何度も中座するのは出席者に対して失礼でもあり、またしらけてしまいます。したがって、お色直しはせいぜい2回を限度にしましょう。

衣装をレンタルするのであれば、まず、利用するホテルや式場が提携している貸衣装を見せてもらいましょう。そこに希望するものがなければ他店でレンタルするか購入しましょう。

二次会を行うとき、そのときもドレスや和服を着るのなら早い段階で決めておきましょう。ドレスで望む場合、ショート丈を選ぶと動きやすいのでいいかもしれません。

挙式に照準をあてて、髪の長さや色を調整する必要があるこtも忘れずにいましょう。アップするなら髪を伸ばさないといけないし、和装の場合も自分の髪を利用するのであれば、前髪を伸ばしておく必要があります。

「 結婚関連結婚の準備」内の記事一覧