« お食い初めでは年長者が食べるまねごとをさせるいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ里帰り出産の場合、妻の実家にお礼をする »

出産祝いは母親の体調が回復するころに

出産祝いに、男の子には、生糸を経(たて)、練糸を緯(よこ)にした絹織物の熨斗目広袖(のしめひろそで)、女の子には、友禅広袖(ゆうぜんひろそで)に婚約家の家紋を入れた晴れ着を、妻の実家が贈ることが慣わしでした。これを、お宮参りのときに着用し、婚家である夫の実家では、妻の実家に内祝いを届けます。出産を手伝ってくれた人にはご祝儀、親戚や知人にはお赤飯や紅白のお餅を、助産婦さんには、お七夜に費用も含めお礼をしました。

地方によっては、出産前に出産祝いを届けると、早産になるといわれ、出産祝いはお七夜を過ぎて、2〜3週間以内に送ることが常識でしたが、この場合、身内以外の男性は出産祝いには行かないのが原則です。

出産後の医師や看護婦さんへのお礼は、病院により禁じているとこも増えていますので、お礼がしたい場合、婦長さんに尋ねてみましょう。

出産は喜ばしいことでも、私事なので、報告はごく身内だけにとどめ、友人知人には床上げしてから報告します。夫の会社には、出産一時金(健保)や会社からのお祝いがあるので、それらの事務手続きのためにも早めに上司に連絡しましょう。

出産祝いは報告を受けてから贈りましょう。宅配の場合、2〜3週間以内が適当です。直接伺う場合、母と子の1ヶ月健診が終わったころに行き、先方の都合を聞いてから訪問します。お祝いの品は、赤ちゃんの衣類やおもちゃ、また現金が適当で、紅白の蝶結びの水引の祝儀袋に、「御祝」「御出産祝」「御誕生祝」などと表書きします。

出産祝いのお返しは、お祝いの2分の1〜3分の1を返すのが目安ですが、全部同じ物で統一してもかまいません。

「その他赤ちゃんのお祝いごと」内の記事一覧