« 挙式衣装(洋装)いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ挙式・披露宴の会場を決める »

両親・媒酌人・家族・親族・子供の装い

両親の挙式での装いは、基本的には新郎新婦と同格の装いにします。ただし、媒酌人より格上にならないことが大事なので、媒酌人と相談したうえで決めましょう。

●両親の「和」の装い
父親は黒の五つ紋付き羽織袴、母親は五つ紋きの黒留め袖を着用。

●両親の「洋」の装い
父親は、昼はモーニング、夕方以降は燕尾(えんび)服かタキシード(媒酌人がタキシードの場合、ブラックスーツ)。母親は、昼はアフタヌーンドレス、夕方以降はイブニングドレスを着用。

●媒酌人の装い
新郎新婦の衣装に合わせ、同格かそれより格下のものを選ぶ。男性の和装の場合、五つ紋付き羽織袴を着用(しかし新郎を引き立てる配慮を忘れない)。洋装の場合、昼ならモーニング、夕方以降はタキシード。媒酌夫人は、和装の場合、五つ紋付きの黒留め袖が一般的。洋装の場合は、アフタヌーンドレス、夕方以降はイブニングドレスを着用。

●家族・親戚の装い
家族・親族など、新郎新婦の身内は、品格を落とさないように気をつけること。新郎新婦より控えめなものを着用する。新郎新婦の姉妹が和装にする場合、未婚なら振袖、既婚者なら黒留め袖か色留め袖、訪問着を着用。

●子供の装い
学生の場合は制服を着用。制服がない場合、男の子なら、ブレザーにズボン、女の子ならワンピースを着用。

「 結婚関連結婚の準備」内の記事一覧