« 日取りを決めるいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ挙式衣装(洋装) »

挙式衣装(和装)

花嫁の挙式の衣装で、和装には「白無垢」と「色打ち掛け」があります。
白無垢は、花嫁の婚礼衣裳として長い歴史を誇る打掛で、打掛から掛下、帯、小物までを全て白一色に統一し、角隠しまたは綿帽子を被ります。白無垢には、神様の前で結婚を誓うとき、無垢な心で祈る花嫁には白い衣裳が一番ふさわしいという意味があります。
色打ち掛けは、緋色や黒の地紋が入ったうえに、金や銀の縫い取り、刺繍がほどこされたもので、大振袖の上に羽織ります。
髪は、文金高嶋田に結い、角隠しを付けます。

花婿は紋付き羽織袴で、花嫁の衣装に合わせましょう。

和装の花嫁が振袖などにお色直しをする場合、花婿が紋付き羽織袴ならお色直しをしません。しかし、花嫁が和装でも、挙式からモーニングなどの洋装で通す場合もあるので、二人で相談し、気に入った衣装で披露しましょう。

「 結婚関連結婚の準備」内の記事一覧