« 縁起の良い日いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ挙式衣装(和装) »

日取りを決める

挙式・披露宴のスタイルが決まったら、次に日取りを決めましょう。打ち合わせや細々とした準備が必要なため、期間にゆとりを持って決めましょう。

結婚式は、3〜6月、9月〜11月中旬までがハイシーズンとなっており、人気式場の予約は1年半前頃から行わねばなりません。
過ごしやすい季節で考えるなら、春秋、縁起で考えるなら大安、友引など、6月に結婚する花嫁が幸せになれるという言い伝えがあるジューンブライドも人気です。

縁起を気にしないなら、仏滅が狙い目です。料金が低めに設定されていたり、予約が入れやすいなどのメリットもありますが、親や年配の親族が気にすることも多いので、理解を得てから決断する必要があります。

披露宴に出席してもらう際には、わざわざ休暇を取ってもらうような負担はかけないように土曜日や日曜日などの休日に行った方がよいでしょう。しかし、事情により平日に行う場合は、出席者が休暇を取れるように早めに招待状を出しましょう。

「 結婚関連結婚の準備」内の記事一覧