« 初節句は無病息災を祈るいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ出産祝いは母親の体調が回復するころに »

お食い初めでは年長者が食べるまねごとをさせる

御食い初めとは、一生食べ物に困らないように、という願いを込めて、産まれて100日目(地方により、110日目、あるいは130日目)に行われる行事です。

献立は赤飯に鯛の尾頭付きと汁物に紅白の餅を5個添え、食器は漆か素焼き、箸は柳の白木を使います。親戚の中の長寿の人が、赤ちゃんに食べさせる真似をします。

生後100日ころは離乳食開始時期でもあります。お食い初めは、しきたりどおりでなく、赤ちゃんが食べられるものを食卓に乗せ、双方の祖父母が食べさせる役をし、家族で祝えばいいのです。

「その他赤ちゃんのお祝いごと」内の記事一覧