« 結婚に際して、必要な届けと手続きいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ新居を選ぶときのポイント »

挙式スタイルを決める

挙式スタイルには大きく分けて以下のようなものがあります。どのスタイルで行うか、最初に決めましょう。

●キリスト教式
教会で行うロマンチックなふいんきが人気の挙式スタイル。式には親族以外に友人知人など多くの人を招待できるのが特徴。祭司は宗派により異なる。カトリックの場合は神父、プロテスタントの場合は牧師。

●神前式
式を司るのは斎主。神前で三々九度の杯を取り交わし、夫婦の誓いをたてる。宗教的な意味合いよりも、白無垢や色打ち掛け・角隠しといった花嫁衣裳などが人気のスタイル。式には、両親、きょうだい、おじ、おばなどの親族が主となる。

●仏前式
仏前で先祖の霊に結婚の報告をするスタイル。式場は、どちらかの宗派のお寺か、僧侶を招き自宅で行う。

●人前式
宗派や従来の形式にとらわれず、自由な発想で結婚式を挙げるフリースタイルの結婚式。しかし、親族の中には個性的過ぎる式のあり方に戸惑いを見せる人もいるので、前もって理解を得ておく必要がある。

宗教の問題で、挙式スタイルがもめることが多々あります。二人の間で解決しても親が納得しない場合が多いので、挙式スタイルでもめてしまったら、仲人に相談し間に立ってもらいましょう。いない場合などは、宗教・宗派に関係ない、人前式で行うのも方法の一つです。

「 結婚関連結婚の準備」内の記事一覧