« 予算を決めるいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ挙式スタイルを決める »

結婚に際して、必要な届けと手続き

結婚に際して、必要な届と手続きは以下のようなものがあります。転出・転入などの役所関係の届けは早めにし、パスポート・免許証の書き換えも忘れずに行いましょう。

●婚姻・転居にともなう届

婚姻届 … 20歳以上の証人2名と本人たちの署名。押印が必要。最寄の各市町村で24時間受け付け。
転出届 … 旧住所の役所に転出届を出し、転出証明を受け取る。引っ越して14日以内に新住所の役所に転入届を提出。
国民健康保険 … 旧保険証を持って住所のある市区町村役場に申し出る。
銀行口座・保険 … 旧通帳、旧届印、新しい届印、新住所を証明するものを用意し、窓口に申し出る。保険の場合は、通帳の代わりに証書。
郵便局 … 必要書類に記入し、窓口で転居届を提出すると、旧住所宛ての郵便物を新住所に1年間転送してくれる。
パスポート … 一般旅行発給申請書と戸籍謄本(抄本)、住民票、写真2枚、印鑑、ハガキ1枚、身元確認書類を用意し、各都道府県の旅行係に提出。
電話の新設・移転 … 最寄のNTTの営業所か116番に連絡し申し込む。
電気・ガス・水道 … 新居の最寄の営業所に連絡をする。賃貸の場合、届出用紙が一式用意してあるので必要事項を記入し、郵送。
携帯電話 … 使用する電話の営業所に出向き申し出る。

●勤務先への手続き 

各種社会保険 … 勤めていた職場を退職し、夫の扶養家族になる場合は、夫の勤務先と住所のある市区町村役場に届け出て保険の切り替えを行う。
退職届 … 結婚により退職する場合、1ヶ月前には上司に報告し退職届を提出する。
休暇届 … 挙式・新婚旅行にともなう休暇を取る場合、勤務先の規定に従い、所定の休暇届を提出する。
結婚届 … 氏名や住所の変更を勤務先に知らせる。

「 結婚関連結婚の準備」内の記事一覧