« お金の問題はあいまいにしないいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ結婚に際して、必要な届けと手続き »

予算を決める

挙式から披露宴、新婚旅行などの結婚費用をどれくらいにするか、双方できちんと話し合って決めましょう。また、双方の親に負担してもらうかなども決めておく必要があります。ちなみに、最近の平均金額は、351,7万円です。

予算を立てるときは、衣装や演出の追加、料理や飲み物の追加など、予想外の出費があることを念頭に置き、あらかじめ余裕を持たせておく必要があります。

費用の負担のしきたりは、地域によってことなりますので、固定観念にとらわれないようにしましょう。双方が同じ地域の出身なら問題ありませんが、もし、違う出身地の場合、価値観が違ってくるものです。お互いよく話し合う必要があるでしょう。

媒酌人の謝礼以外に、司会やカメラマンを友人知人がやってくれた場合、美容師さんや運送屋さんへの謝礼、旅行のお土産代なども予算に入れておく必要があります。
一つ一つの額は大きくなくても、重なれば大きな額となります。

また、遠方から親戚や友人を招く場合、旅費と交通費をこちらで用意するのが礼儀なため、それも計算に入れておきましょう。

「 結婚関連結婚の準備」内の記事一覧