« 目録・受書で氏名の文字間違いに注意しましょういざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ目録・受書・家族書・親族書 »

結納品と結納金

結納品とは結納金の金包に、縁起物を加え、それらの目録を添えたセットの事で、9品目、7品目、5品目と奇数でセットされています。結納金とは、小袖料(こそでりょう)とか、御帯料(帯料)とも言われますが、結納の際に納めるお金です。

結納品の品目には、それぞれ意味をもつ当て字がつけられています。

●基本9品目
@目録 … 納める品物の名前を記した用紙で、年月日、差出人、あて名を濃い墨で書く。
A長熨斗 … のしあわびをかたどったもので、長生不死を現す。
B金包 … 結納金を包み、男性からは「帯地料」、女性からは「御袴料」と記す。
C末広 … 白い扇子一対で二人の行く末が広がり栄えること意味する。
D友志良賀 … 白の麻糸を束ねたもので「ともに白髪が生えるまで」添い遂げることを意味する。
E子生婦(こんぶ) … 昆布。「喜ぶ」の意味とともに「子孫繁栄」も表す。
F寿留女(するめ) … するめの日持ちの良さから、末永く縁が続きますようにとの意味。
G松魚節(かつおぶし) … 鰹節。男性の力強さを意味する。
H家内喜多留(やなぎたる) … 酒を入れた樽のことで、現在は現金を包む。

●関東式と関西式の飾り方の違い
関東式 … 一台の白木の祝い台にまとめて飾り、そこに目録も添えます。
関西式 … 1品ずつ別々の祝い台に乗せて飾り、目録は片木盆(へきぼん)ち呼ばれる足のない台に乗せて飾ります。

※指輪は関西・関東とも結納品おは別の白木の台に飾ります。

結納のしきたりには地域差があるので、確認して望まなければなりません。また、結納品を揃えるときも(贈り先は親か本人か、贈り主の名義、飾り方、品目数など)、双方で相談して決めておきましょう。 

「 結婚関連婚約・結納まで」内の記事一覧