« 誕生餅をついて初誕生を祝ういざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページお食い初めでは年長者が食べるまねごとをさせる »

初節句は無病息災を祈る

桃の節句(3月3日)や端午の節句(5月5日)は、子供の厄を祓い、無事を祈るものです。

桃の節句 … 平安時代、桃の節句に遊びに使った人形で子供の体を撫で、汚れを人形に移して川に流し無病息災を祈っていましたが、室町時代になり、人形を流さず飾るようになりました。内裏雛は母親の実家から贈られるのが習慣となっていました。

端午の節句 … 菖蒲(しょうぶ)の香で病魔を退治する行事が、江戸時代になり、男の子の節句として人形や鯉のぼりを飾るようになりました。

現在では、妻の実家が雛人形などを贈るという習慣はなくなりました。お祝として贈る場合は両親に相談し、住宅事情も考えたうえ贈りましょう。
現金の場合、「御祝」「祝初節句」と表書きし、紅白蝶結びの祝儀袋に入れます。

人形は、節句が済んだら翌日には片付けましょう。とくに雛人形をいつまでも飾っておくと縁遠くなるという言い伝えがあります。

「その他赤ちゃんのお祝いごと」内の記事一覧