« 結納いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ仲人と媒酌人の違いとは »

結納の具体的な進行の仕方

結納品を取り交わす関東式を例にとって結納の具体的な進行の仕方を以下のとおりにあげてみます。

●仲人を立てて、一ヶ所に集まって行う場合
@席次に従って席に着く
席次は男性側が床の間に向かって右、女性側がこれに向かい合い、床の間に近いほうから本人、本人の父親、母親の順に並んで座る。仲人夫妻は上座に向かって右に夫、左に妻が並んで座る。この席次に従い、男性側が先に入室し、結納品を床の間の上に飾り、席に着き、次に女性側が同じように結納品を置いて席に着き、仲人は最後に入室する。
A仲人が両家に挨拶し、両家がそれに応えて深く一礼し、男性側の父親が代表でお礼の言葉を述べる
B仲人夫人が床の間に向かって静かに立ち、男性側の結納品を持ち上げ目録にあて名の人(本人の名前なら本人に、家名なら父親に)取り次ぐ
C仲人婦人が席に戻ったら、目録を開き、受け取った人が本人(父)なら、父(本人)、母の順に目を通し、最後の人が元通りにして台に戻す
D受け取った人がお礼を述べる
E仲人夫人が床の間前の女性側の結納品を目録のあて名の人(本人の名前なら本人に、家名なら父親に)に取り次ぐ
F女性側と同じように仲人夫人が席に戻ったら目録を開き、本人(父)が受け取ったら父(本人)、母の順に目を通し、最後の人が台に戻す
G仲人夫人が、あらかじめ用意された女性側の受書を男性側に渡す
H同様に仲人夫人が男性側の受書を女性側に渡す
I仲人が祝辞を述べる
J両家が礼を言い、祝い膳を囲い、結納式が終了する

●仲人を立てない結納式の場合
式の進行を勤める人がいないため、進行を誰にするか打ち合わせをしっかりしておかなくてはなりません。

@男性が上座、女性が下座(男性の家で行う場合、女性側が上座)に着席
A男性側の父親が女性側に挨拶し、女性本人に結納品を渡す
B女性本人が受けと取り、父・母の順に目録に目を通し礼を言う
C女性側の父親が男性本人に結納品を渡す
D受書を互いに渡し、男性側の父親が結納式の終了の挨拶をする

●男性が一人で出向いてする結納の場合
仲人を立てて行う場合をもっとも簡略科したものです。

@男性が上座に座り、女性側がそれに対面した形で座る
A男性が挨拶をし、女性に結納品を渡す

●仲人へのお礼
結納から結婚式の晩酌人まで努めてもらう場合は、結婚式の謝礼と合わせて披露宴の直後に新郎新婦と両親が挨拶に伺い、そのときに渡します。ただし、結納後にも、祝い膳に相当する金額を「酒肴料(しゅこうりょう)」として包み、「お車代」も別にして包み、結納の一両日中に手土産を持って二人で伺い、渡しましょう。

「 結婚関連婚約・結納まで」内の記事一覧