« 婚約解消いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ結納の具体的な進行の仕方 »

結納

結納とは「結び納める」 もので、一定の品物を取り交わし、お互いにその約束を確認する儀式です。

結納を交わすときの立会人は、仲人の役目で、仲人を立てる際は、人生経験豊かな円満なご夫婦にお願いしましょう。なぜなら、問題が生じたときにも、豊富な経験から二人に適切なアドバイスができるからです。仲人をお願いする人が決まったら、電話か手紙で打診をし、快諾していただけたら改めて二人揃って出向きましょう。仲人の仕事は祝い事でも、時間の拘束や面倒なことが沢山あります。それをお願いするわけですから、心を込めて丁寧にお願いしましょう。

仲人を立てない場合は、本人たちと双方の親だけで行います。式の進行や内容の取り決めを中心になって行ってくれる人がいいないことになるので、双方での打ち合わせを細かい点まできちんと行う必要があります。

結納以外に、婚約を表す形として以下のようなものがあります。

@双方での会食
どちらかの自宅、あるいはホテルやレストランの個室を借り、双方の親族が集まり会食会を開く

A婚約記念品の交換
婚約指輪を交換したりして、婚約したことを表す

B婚約パーティーを開く
親族以外に、友人・知人を招き。婚約披露パーティーを開く

C婚約式
キリスト教で行われる儀式。信者として教会で行う場合は、基本的にその教会で挙式することが前提となる。

「 結婚関連婚約・結納まで」内の記事一覧