« 弔辞の述べ方いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページお悔やみの述べ方 »

弔辞の書き方

弔辞は、正式には、大判の奉書紙か巻紙に薄めの墨で書きますが、最近では便箋に万年筆で白い封筒に入れるケースも増えてきました。
弔いのものなので普通の折り方とは逆に右から折っていきます。
包みは、同じ奉書紙を使い、奉書を幅半分に切ったものを左前3つ折りに折ります。表書きは、「弔辞」、「弔詞」などと箏で書きましょう。

「葬儀と法要葬儀にまつわる挨拶の心得」内の記事一覧