« 弔辞の読み方いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ弔辞の書き方 »

弔辞の述べ方

弔辞は、故人を偲び安らかな眠りを祈って捧げる言葉です。故人が信頼していた人にお願いするものなので、遺族から頼まれたらよほどのことがない限り快く引き受けましょう。
弔辞は、故人の経歴や業績に触れることもあるため、事実誤認がないように遺族に確認しておきましょう。あまり長くならないように、要領よくまとめましょう。(原稿用紙400時詰め2〜3枚程度)

※ポイント
@故人の死の驚きを述べる
A故人と自分との関係や思い出を語る
B故人の経歴、人柄、功績などをたたえるエピソードを語る
C遺族への慰めと、励ましの言葉を述べる
D安らかに眠ってほしい旨結び言葉を述べる

「葬儀と法要葬儀にまつわる挨拶の心得」内の記事一覧