« 告別式の挨拶についていざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ初七日、四十九日以降の法要の挨拶について »

宗教の違いによる注意点

日常お悔やみのときに何気なく使っている「ご冥福」「成仏」「冥土」「回向」などの言葉は、仏教用語になります。これらの言葉は、キリスト教、神式には使いません。
では、この仏教用語を、神式やキリスト教ではどのように言い換えればよいのでしょうか?
例えば、成仏 → 帰幽(神式)、召天(キリスト教式)となるわけえす。
また、それぞれの宗教により、「死」に対しての考え方も違っているので注意をしましょう。

※いずれの宗教でも使える言葉
「お悔やみ申し上げます」
「哀悼の意を表します」
「安らかに眠られましょうに」

「葬儀と法要葬儀にまつわる挨拶の心得」内の記事一覧