« 弔問客への挨拶の仕方いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ告別式の挨拶について »

通夜の挨拶について

通夜の葬儀が終わったら、喪主が挨拶を述べましょう。また、通夜ぶるまいがあるときは、喪主が弔問客各人の席を回り、挨拶をしましょう。

●通夜挨拶の内容例
@お参りして頂いたお礼
(会葬者に心から感謝の意を表する)
A故人の最後の様子
(故人の生前中のことにふれる)
Bお見舞いなどのお礼
(故人への厚情に感謝の意を表する)
C亡きあとのおつきあいのお願い
(故人と同様の厚誼をお願いする)
D再び会葬のお礼
(遺族が人生を力強く生き抜く決意を述べる)

「葬儀と法要葬儀にまつわる挨拶の心得」内の記事一覧