« 親を亡くした人へのお悔やみいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ通夜の挨拶について »

弔問客への挨拶の仕方

弔問客が見えたら、できる限り弔問の挨拶を受けることが礼儀となります。目上の人に座ったまま挨拶したとしても、失礼にはあたりません。

●お悔やみの言葉に対する返礼
@忙しい中駆けつけてくれたことへの感謝とお礼
A親しい人には、故人の亡くなったときの状況を話す
B故人との対面をお願いする
C生前のご厚誼に対するお礼

※香典や供物には「ありがとう」とは言わず、「恐れ入ります」といいましょう。

「葬儀と法要葬儀にまつわる挨拶の心得」内の記事一覧