« お見合いのときの服装いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ新生活までにやっておくこと »

婚約発表

交際を経て結婚の意志が固まったら、双方の親に伝え仲介者がいる場合は二人で挨拶に伺いましょう。「婚約」にはさまざまなやり方がありますが、一番ポピュラーなのが「結納」です。しかし、近年では、結納を行う人が少なくなってきました。結納の代わりに増えているのが、結納を簡略化したもので、婚約指やや婚約記念品の交換、両家による食事会、友人たちを呼んでの婚約披露パーティーなどです。

結婚披露宴に招待する予定の人たちに婚約通知状を出すのが基本です。その際はハガキで出しましょう。カードは大げさすぎるので×。宛名は手書きで書くのがエチケットですが、本文は印刷でもかまいません。上司には直接口頭で伝えましょう。

婚約期間中は、二人の世界に浸っていたいものですが、それは結婚後のお楽しみにとっておき、これから家族・親族になる人たちから祝福を得るためにも、できるだけ家族ぐるみで過ごしましょう。
しかし、いくら婚約中といえども、あまりにも家族に馴れ馴れしい態度をするのは間違いです。

婚約から挙式までは。3ヶ月から半年が妥当です。その期間に、新生活の準備、結婚式や新婚旅行の準備、新居の手配などを済ませましょう。

将来の子供のことや、親との同居などについては、非常に大きな問題なので、婚約前に十分に話し合っておくことが大事です。
婚約が済んだ段階で、そこでもめてしまうと、問題が生じてきます。

「 結婚関連婚約・結納まで」内の記事一覧