« 社葬を営んだときの会葬礼状いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ一般向けの死亡通知状 »

死亡通知状を出すときの注意点

死亡通知状は誰が亡くなったかを知らせる手紙のことです。通夜や葬儀までに時間的な余裕がないので、電話やFAXなど使って知らせます。なお、年賀欠礼状も死亡通知状になります。

●FAXの場合
故人の氏名、生前のお付き合いに対する感謝の言葉、通夜、葬儀・告別式の日時と場所、日付、喪主、親族・友人代表の名前を書きます。
(必要事項を書いて葬祭業者に依頼してもよい)

●葬儀の後に出す場合
誰がいつ、何が原因で、何歳で亡くなったことと、生前にお付き合いに対する感謝の言葉を書きますが、この場合は形式にとらわれず自由に書いてもいいです。

「葬儀と法要葬儀の手紙と挨拶状」内の記事一覧