« お見合い後の交際いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページお見合いのときの服装 »

断る場合の仲介者へのマナー

お見合い相手が気に入らなかった場合でも、先方の欠点をあげつらう断り方は、相手を傷つけるだけではなく、仲介者の顔を潰すことになります。「あまりに素敵な方すぎて…」など、仲介者の顔を立てて断り、釣書、写真その他の書類を仲介者に返します。今回は辞退したものの、今後も縁談をお願いしたい場合、「わがままを申しますが、またよろしくお願いいたします」など、丁寧にお願いをしましょう。

「 結婚関連出会いから交際まで」内の記事一覧