« 年賀状いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ屠蘇(とそ) »

鏡餅

鏡餅は、歳神様のお供え物として、床の間や神棚、仏壇、年棚といった所に飾られます。三方に奉書紙を垂らして敷き、ゆずり葉と裏白をのせ大小二つの鏡餅を重ね、その上に橙の他、串柿、昆布などを飾ったものが一般的となっていますが、地域によっては飾る場所も、飾り方もさまざまです。

「鏡」は円満を意味し、丸い形は生命力の象徴とされています。
松の内が終わると、それを下げて汁物として食べるのがしきたりとなっているので、お雑煮などにして食べるといいでしょう。

「その他年越しと正月準備」内の記事一覧