« 初詣いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ門松 »

年始回り

年始回りとは、本家と分家に分かれた親族が、お互いの家を訪ねてお正月を祝ったのが始まりです。昔は、菓子折りなどの年賀品を持参し、上司やお世話になったひとなどに年始回りを行っていましたが、現在では、お正月は家族とゆっくいりしたいという人が多くなってきています。

もし、年始回りをするなら元旦は避け、午後の早い時間に年賀の品を持って伺いましょう。伺う前には必ず電話で訪問を伝え、挨拶は玄関先で済ませましょう。

「その他年越しと正月準備」内の記事一覧