« お歳暮いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ端午の節句 »

節分

節分の本来の意味は、“季節が分かれる”ときだから『節分』であり、本当は立春・立夏・立秋・立冬の前日のことをいい、主に立春の前日を指していいます。節分に豆をまく「豆まき」の行事は、「追儺(ついな)」と呼び、中国から伝わった風習です。「追儺」の行事は、俗に「鬼やらい」「なやらい」「鬼走り」「厄払い」「厄おとし」「厄神送り」と呼ばれ、疫病などをもたらす悪い鬼を追い払う儀式で、文武天皇の慶雲3年(706)に宮中で初めて行われました。
鰯(いわし)の頭を、柊(ひいらぎ)の小枝に刺して戸口に挿す風習は魔除けのためであり、巻き寿司を食べる風習は、福を巻き込むという意味と、縁を切らないという意味が込められ、恵方(えほう)に向かって巻き寿司を丸かぶりします。(誰にも見られてはいけないらしい)

「その他2月から12月の伝統行事」内の記事一覧