« 母の日いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページお中元 »

大晦日

大晦日は、「大つごもり」ともいって1年の最後の日です。旧暦では12月30日 (旧暦)、現在の新暦では12月31日となっております。
大晦日には、お寺で除夜の鐘を真夜中の12時を挟んで108つきますが、これは、人間の煩悩は08とされ、鐘を鳴らすことにより煩悩を鎮めるために行われているのです。
年越し傍は、腰が強く細く長いことにちなみ、延命と子孫繁栄を願うものとして食べられています。
大晦日の夜に食べますが、もし食べ残すとお金に苦労するという迷信があります。
大晦日には先祖の霊が帰ってくるとされているので、年越し傍を食べてから神社に参拝する習慣があります。そのため、電車は終夜運転されています。

「その他2月から12月の伝統行事」内の記事一覧