« 妊娠途中や出産後に不幸があった場合いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ初節句は無病息災を祈る »

誕生餅をついて初誕生を祝う

第二次世界大戦前までは、日本では誕生日を祝う習慣はありませんでしたが、1歳の誕生日を迎えた初誕生日だけは、一升の餅をつき、赤ちゃんに担がせたり、踏ませたりして、赤ちゃんの成長を祝っていました。

現在では、餅の代わりにバースデーケーキを用意し、ローソクを立て、誕生を祝うのが一般的となっています。

「その他赤ちゃんのお祝いごと」内の記事一覧