« 和食いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ正しい箸の使い方をしましょう »

懐紙(かいし)は洋風料理のナプキンにあたるもの

和食で使われる懐紙(かいし)は洋風料理のナプキンにあたるものです。口元や汚れを拭き取ったり、残ったものを包みます。また、受け皿の代わりとしても使用します。

●懐紙の使いかた
汁物をうける、骨類を出す、魚の頭を押さえる、指先を拭う、残り物を包む、口元を隠す。

「その他食事のマナー」内の記事一覧