« 葬儀の費用いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ密葬 »

事務引継ぎと支払い

葬儀が終わり精進落としも済ませたら、早めに、世話役の人から会葬者名簿、香典、香典帳、供花、供物帳、弔辞、弔電などを受け取り、事務引継ぎをしましょう。
葬儀にかかった費用は、後に遺産相続をする際に税金の控除の対象となるので、葬儀関係の支払いはできるだけ正確に記録し、領収書も大切に保存しておきましょう。
僧侶や神職、神父、牧師への謝礼は葬儀が終わったらまとめて包みましょう。
葬祭業者からの請求書が届いたら、同時に添えてある明細書と見積書と照らし合わせて支払いましょう。不明な点、疑問点はあいまいのままにせず、きちんと尋ねましょう。
仕出屋の支払いも、請求書が届いた時点で早急に払いましょう。

「葬儀と法要葬儀後の処理」内の記事一覧