« 遺書が見つかったらいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ遺留分 »

一般危急遺言(一般臨終遺言)

一般危急遺言(一般臨終遺言)とは、病気や事故で死期が近づいた時に作成 する遺言のことです。本人の意志がはっきりしていること、証人が3人以上いるということが条件となります。
証人の1人が、口述記述をし、残りの証人2人と遺言者本人が内容を確認した上で署名捺印をします。
加除変更箇所は、証人全員がその場所に訂正印を押し、署名捺印をします。
この遺言は、作成後20日以内に家庭裁判所に提出し、検認を受ける必要があります。

遺言作成時の証人は、未成年者、禁治産者、遺言者の遺産相続とは無関係の者、公証人の配偶者とその四親等以内の親族はなれません。

「葬儀と法要葬儀後の処理」内の記事一覧