« 公正証書遺言いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ遺書が見つかったら »

秘密証書遺言

秘密証書遺言とは遺言があることは明らかにしておきたいけれども内容は遺言者だけの秘密にしておきたい時に作られる遺言をいいます。
口述筆記や、ワープロ、パソコンで書いてもよく、年月日も必要はありませんが、署名捺印が必要となります。

秘密証書遺言の書き方は以下のようなものです。

@遺言者が遺言書に署名押印すること。
A遺言者がその遺言書を封じ、遺言書に用いた印章で封印すること。
B遺言者が公証人一人、証人二人以上の前に封書を提出し、自己の遺言書である旨並びにその筆者の氏名、住所を申述すること。
C公証人がその証書を提出した日付、遺言者の申述を封紙に記載した後、遺言者及び証人とともに署名押印する。
D文中に加除、変更があれば、それぞれの場所に署名捺印をする。

「葬儀と法要葬儀後の処理」内の記事一覧