« 遺族基礎年金いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ死亡一時金 »

寡婦年金

一定の条件を満たしていることを条件に、国民年金に加入している人(または老齢基礎年金を受給する資格のある人)が亡くなった場合は、遺族は寡婦年金を受け取ることができます。

●寡婦年金
保険料納付期間と保険料免除期間を合わせて25年以上あって、老齢基礎年金または障害基礎年金の支給を受けたことのない第1号被保険者の夫が死亡したとき、妻に対して支給される。
ただし、10年以上結婚していた人に限られ、妻が60歳以上65歳未満の間。

「葬儀と法要葬儀後の処理」内の記事一覧