« 一周忌までの法要いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ保険金 »

仏式の法要

仏式の法要は、死後7日目の初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日(忌明け)と執り行い、その後百か日(百日目)を経て一周忌、三回忌、七回忌、一三回忌、一七回忌、二七回忌、三三回忌、三七回忌、五十回忌、百回忌と続きます。

法要の際には、僧侶にお布施を包み、表書きには「御布施」などとします。寺院以外で法要を営んだ場合には「御車代」「御膳料」も必要となります。

「葬儀と法要追悼の仕方」内の記事一覧