« 合掌の意味いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ卒塔婆 »

命日と新盆

命日とは、故人の亡くなった日と同じ日をいい、祥月命日とは、亡くなった日と同じ月日の命日のことをいいます。命日と祥月毎日には、家族で墓参りし供養しましょう。
新盆とは、故人の死亡後初のお盆のことです。死者の霊が死後初めて家に帰ってくるとされ、特に丁重に供養をします。
通常新盆の供養は、普通の盆入り(7月13日〜16日)に行われますが、地方によっては、8月13〜16日と一ヶ月遅れで行われることも少なくありません。忌明けの前にお盆になる場合、その年のお盆の行事は行わず、翌年が新盆となります。
新盆提灯は、新盆を迎える家で用意をしますが、もし、新盆提灯を贈るなら、遅くても一週間前には贈りましょう。

「葬儀と法要追悼の仕方」内の記事一覧