« お彼岸いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ命日と新盆 »

合掌の意味

合掌は、インドに古くからあった風習で、仏教にとり入れられたといわれており、右手を「浄(じょう)の手」、左手を「不浄(ふじょう)の手」と考えられています。両方の手のひらを合わせる合掌の形は、清浄(しょうじょう)な仏の世界と、私たちの迷(まよ)いの世界がひとつになるという、仏教の理想の姿とも言われているようです。

「葬儀と法要追悼の仕方」内の記事一覧