« お盆いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ合掌の意味 »

お彼岸

お彼岸は春分と秋分を中日としてその前後3日間を指します。彼岸という言い方は「到彼岸」を略したものです。彼岸の七日間は仏道を修行する日として六波羅蜜を実践する日となっており、また、寺に詣で墓参りをし、故人や先祖を供養します。

●六波羅蜜
[布施]他人へ施しをすること
[持戒]戒を守り、反省すること
[忍辱]不平不満を言わず耐え忍ぶこと
[精進]精進努力すること
[禅定]心を安定させること
[智慧]真実を見る智慧を働かせること

「葬儀と法要追悼の仕方」内の記事一覧