« プロテスタントの記念式いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページお彼岸 »

お盆

お盆は、正しくは「孟蘭盆会」といい、ご先祖や亡くなった人たちの霊が一年に一度家に戻ってくるといわれ、期間は毎年の7月13日から16日(初盆の家庭では7日より16日)までが一般的となっています。

●お盆の準備
@仏壇の前に机を置き、真菰で編んだゴザを敷く。A位牌、香炉、燭台、花立て、リンを机の上に移す。
B迎え団子を13個お皿に盛って供える。Cナスとキュウリをさいの目に切り、洗い米を混ぜた「ミズノコ」と水に蓮の葉を入れた「閼迦水」を供える。Dナスとキュウリで馬と牛を作って供える。

13日の夕方に先祖の霊が迷わず帰って来る目印にと、焙烙(ほうろく)という素焼きの皿の上でおがらを焚き、先祖や故人の霊を迎える「精霊(しょうりょう)迎え」をします。

「葬儀と法要追悼の仕方」内の記事一覧