« カトリックの追悼ミサいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページプロテスタントの記念式 »

神式、霊祭の仕方

霊祭とは、仏式でいう法要にあたるものです。神式では、葬儀の翌日に葬儀が無事済んだことを報告する翌日祭をはじめ、十日ごとに、十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭を行います。
霊祭の中でも、もっとも重要なのが五十日祭です。五十日祭が終わると「忌明け」となります。
五十日祭が終わった翌日に、神職といぞくだけで、忌明けの祓いと浄めの「清祓の儀」を行います。

式年祭の数え方 … 初祭(翌日)、10日目、30日目、50日目(忌明け)、100日祭、1年祭、3年祭、5年祭、10年祭、20年祭、30年祭、40年祭、50年祭、100年祭

改葬祭とは、神道以外の宗教により祖先を祀り供養していたものを神道に改宗するため、違霊祭ないし遷霊祭を行うことです。

「葬儀と法要追悼の仕方」内の記事一覧