« キリスト教の本質を忘れなずに参列するいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ神式、霊祭の仕方 »

カトリックの追悼ミサ

カトリックの追悼ミサと呼ばれるものは、仏式の法要にあたるものです。

追悼ミサは、亡くなった日から数えて、三日目、七日目、三十日目に教会で行い、近親者のほか、故人ととくに親しかった方々を招きます。毎年の祥月命日に、死者記念のミサを行います。また、十年目、二十年目などの区切りのよい年を選んで、自宅なり、教会なりで近親者を中心に故人の追悼ミサを行ったりもします。
式次第は、だいたい葬儀のときのミサと同じで、聖歌の合唱、聖書の朗読、祈祷などが行われます。

謝礼は、教会への寄付となるので、「謝礼」「献金」などとし、相応の金額を包みましょう。

「葬儀と法要追悼の仕方」内の記事一覧